Last update
2016.Jul.2

太田川の水圏を中心に環境と社会、文化、歴史を考える
ミニコミ的情報発信サイト「環・太田川」

「環・太田川」は、太田川水圏(太田川の恵みを頂くあらゆる地域)に生活する全ての人が
「読者であり」「記者となる」 
ミニコミ的情報発信サイトです。

読者が記者になる「環・太田川」
記者・記事を募集しています。



発行した本誌の目次(まだ一部ですが)は
こちらからどうぞ。

前段階で発行していた準備ニュースは
こちらから
どうぞ

 
過去の「環・太田川」を順次upしています。
<第74号(2007年6月)>後半部をup!
72号若者放談20「竿で感じる川の変化、あるいはヌシからの伝言」
天然ヨシの浄化能力水生生物研究20年
人と自然シリーズ@「カエルツボカビ症の話
海中展望@「えちぜんくらげ」
太田川の両生類(1)「ブチサンショウウオ」
写真・絵画で蘇る太田川(74)「空鞘の渡し」
太田川聞き廻りの記 その十 「鮎と太田川」
みずべのとしょかん「細見谷と十方山林道」
第74号の表紙

 
 
 
 

「環太田川」誌は2001年5月より毎月発行してきました。

2008年からはNPO法人として活動してきましたが、スタッフ不足のため、NPO法人を解散し、月刊誌からインターネットによる情報発信サイトとして新たに出発します。

人と人とをつなぐミニコミ的ミドルメディアとして内容を充実させていきたいと思いますので、記事の投稿など、お力添えをよろしくお願いいたします。


 
環・太田川からのお願い

 本誌は、太田川流域圏の様々な情報、話題、人などを掲載しています。

 流域圏の山川海を結ぶ循環型社会を目指し、人と自然を結ぶ里山、里川、里海へ向けて過去の歴史、伝統を現代に生かす方途など、幅広い分野に情報を求めています。

 とはいえ、限られたスタッフによる活動のため、まだまだ充分な取材活動が出来ていないのが現状です。

 
「読者が記者」が創刊からの本誌の精神です。

 「こんな話題を取材してほしい」「こんな人のインタビューを!」など事務局にご連絡いただければ、取材に出かけますので、電話でもメールでも結構です、情報をお寄せください。もちろんご本人の寄稿も大歓迎です。
 

お問い合わせは
 
「環・太田川」編集委員会 事務連絡先
〒739-1734 広島市安佐北区口田 3-21-9 篠原 一郎
Tel・Fax 082-842-6414  info@kan-ootagawa.org
当ホームページ上の情報・画像等を許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。